HOME > 会社概要

ご挨拶

現在まで、そして未来の、

もの造りの基本は金型です。

我々、日本人 の最も秀でた能力の緻密さや思いやりで

世界を征する、金型を造り上げ

そして、その金型から産み出される商品で

日本人は、世界のもの造りをリードしてきました。

弊社は、ビデオ、カメラ、スマートフォン

等を造り出す、金型を生産することで、

皆様のお手伝いをさせて頂きました。

この素晴らしい、生産システムである

金型の製造に従事させて頂いた事を感謝しています。

 

今後も、金型製造を通じて皆様のお手伝いをさせて頂きます。

また、社内の、この素晴らしい製造システムを使い

を提案させて頂きます。

弊社は日本の末端の小さな企業ですが

日本の最先端の商品を造り出して来た

経験と

技と

発明能力が在ります。

 

それらを使い、新たな商品を産み出します。

 

は、かわいくて、小さな

アイデア商品ブランドです。

新商品を、次から次へと生み出します。

 

日本人の、高度な技術力と、素晴らしい感性と、匠の技を使い

日本で

日本人による

日本のための

もの造りを提案させて頂き

当社の将来の発展を期すと共に

社会に貢献して行きたいと考えます。

 

Made in japan 万歳。

 

概 要

社 名    株式会社 川崎エンジニアリング

代表取締役  川崎 和博

所在地    愛媛県松山市堀江町甲2077番地7

電話番号   089-978-4564

FAX     089-978-4565

資本金    1000万円

創 業    昭和53年

年 商    4億0000万円

従業員数   18名

パート    20名

 

業務内容

(1)精密小型金型設計・製造・販売

(2)各種カセット金型開発・設計・製造・販売

(3)自動車用MAW,BMC,SMC金型設計・製作・販売

(4)各種樹脂製品開発・製造・販売

 

沿 革

【1978年】 現社長・川崎和博の個人営業で、川崎設計事務所を開設

       井関農機・来島造船・四国電力・ポンプメーカーなどの機械、電力、設計業務開始

 

【1980年】 プラスチック金型メーカーに対する金型設計業務開始

 

【1985年】 松下電器産業に対する金型設計業務開始

 

【1989年】 社名を川崎エンジニアリングで有限会社設立

 

【1996年】 金型の社内製造開始

       カセットシステム開発・金型自動供給システム開発

       日商岩井の業務開始

 

【1998年】 株式会社に組織変更

       プラスチック部品製造業務開始

       プラスチックを主体とした商品開発・販売開始

 

【2001年】 超精密金型、精密成型部品、水道メーター関連部品、各種開発設計、

       商品開発などプラスチック関連業務を行う

 

【2010年】 特許室開設、社内で特許申請開始

 

【2012年】 ブランド      商標登録。本格的な生産、拡販を開始

 

 現在に至る

 

(敬称略)

基本方針

我々は、過去の数十万件に上る設計経験を生かせる環境を拡大し

匠の技を継承すると共に常識や部位の発案を常に求め商品に生かし

将来の発展を期すると共に社会に貢献します。

/ Copyright 2013 Kawasaki Engineering Corporation. All Rights Reserved.